フィットネス関連の別ブログ => ダイエットでは今のところない はこちら。

2017年3月20日月曜日

2017/3/19 忠彦丸 LTアジ

船宿:忠彦丸(出船7:30沖上がり11:00)
船長:黒川船長
ポイント:横須賀沖30m前後
潮回り:中潮(満潮7:51干潮14:50)
天気: 晴れ
タックル:シマノ ライトゲームCI4 Type73 H200 + 電動丸400C
仕掛け:ミサキ製 9号3本鈎 赤玉付き

前回の大原釣行で
「次は確実に釣れるヤツに行きましょうよ」
との事で、当初は鈴福丸のビシアジを予定していたが、
「1日130号のビシを振るのは疲れる」
とのH氏の要望により忠彦丸のLTアジに決定。

が、直前までのやり取りから何となくLTアジ以外に行きたそうだったので
「別にアジじゃ無くても良いですよ、一つテンヤでもLTアマダイでも」
と言ってたのだが
「いや、アジで良いです」
との事だったので
「八景の駐車場に6:00〜6:15着予定で行きます」
と宣言し、4時起きの4:30出発で八景に6:08頃到着。

時間もあるので着替えは後でするとして、さっさと荷物を降ろして迎えの車に積み込み受付へ。
ここ最近はLTアジが好調なせいか2隻出しで1隻目は既に右舷の艫が抑えられていたので、2隻目の右舷艫を2席確保してH氏の到着を待つ。
いつもLTアジだとライトゲームCI4 Type73 MH200を使うのだけど、柔らかすぎてコマセをガンガン出せないので、敢えてH200を持参。
硬すぎてどうしようも無かったらと予備で嫁さんのレッドバロン(40-170)も持参。
ロッドにリールをセットしたところで、ライフジャケットを車に忘れた事に気が付き、取りに戻る事にしたが、船バッグはともかくロッドの紛失を恐れて先に船に持って行き、釣座に置いてから駐車場へ。

駐車場に行くとH氏の車があったので、入れ違いになったかな?と思いつつライフジャケットを車から取り出し、送迎の車に乗ろうとするとH氏が乗ってたので談笑しながら受付へ。
事前に
「忠彦丸からの年賀状があれば1500円引きですよ」
と言っておいたのにスッカリ忘れるH氏。(^_^;)
ジャンケンの結果、H氏が勝って艫から2番目、自分が艫というかスパンカー下に入った。
H氏のウェアが潮まみれだったのだが
「実は昨日、大原行ってたからウェアを洗う暇が無かった」
と衝撃の告白がwwww
確か、前回の釣行の後
「もう当分の間、鯛はいいかな。。。」
とか言ってたのにwwww
そして、釣果は例によって大撃沈。
前日の金曜日は釣れてたらしく、その気になって行ったらしい。
そして釣果速報を確認すると
「中鯛釣れてるけど、中鯛だったらいいです」
と強がり発言が飛び出るも、その後の釣果情報で大鯛が何枚か出ていたので完全に日程を外した模様。
「だから、一つテンヤでも良いですよ」
って言ったのになぁ、と思うも乗っていても割当があるとは限らない訳で、確実に大きいのを釣りたいなら平日の人が少ない時に行かないと無理って事にした。(^_^;)
前回のアマダイの時、自分はバラしたけど、3人で3人ともにチャンスが有った事を考えると客が多い土日はチャンスはその分減るはず、と思いたい。

そんなこんなで7:40頃に少し遅れて出船。
ポイントまで20分程度の事だったけど、港を出て5分少々でスローダウンして探索モード。
ウロウロした結果、更に沖へ。
何となく嫌な予感がwww
ウロウロしていたポイントでは真っ青な船だったので、たぶん一ノ瀬丸だと思うけど釣りをしていたので、それなりに釣れるポイントだったのだろうか。
10分くらい走っただろうか、他の船が集団になっているポイントに入って釣り開始。
忠彦丸はLTアジのもう1隻の他にLTウィリー船も同じポイントに入ってた。
そう言えば、去年来た時に
「LTウィリーも今の時期はLTアジと同じポイントに入るから違いは無い」
とか何とか言われた記憶が。

「水深33m、底から3mくらいでやってみて下さい」
とアナウンスが入ってスタートフィッシング。

40-130号負荷のH200だと流石に楽にコマセを出す事が出来る。
が、アタリが有ったかどうか良く分からん。(^_^;)
それもその筈、食ってくるのは10cm程度の豆アジたち。
15-20cmサイズになると流石にアタリが分かるが、小さすぎてアジの小気味良いアタリを全く楽しめない。
電動リールだから余計に釣りをしているより漁。(^_^;)

ダブル、トリプルを狙ってる間に外れてしまう事も多くて
「電動だからいいか」
と途中からポツポツ釣り上げるようにしたのだけど、上がって来るのは豆アジばかり。
徐々に集中力が切れて来たのか、空中バラシ無しだったのがバラすようになってきた。
それと途中からタナが変わったみたいで、全くアタらなくなったがH氏は順調に釣れていて
「タナは底から1.5mから2mくらいで、この範囲を外すとアタらない」
との事。
自分の場合は、50cmのクッションゴムが付いていて当初のタナがラインのマーカーで底から3mだったので、1m下げてみたけどアタらない。
上げたり下げたりと色々と迷走して完全にペースを見失ってしまった。orz

途中まではH氏を上回ってたと思うが後半全く釣れなくなった事もあり最終釣果はアジ49、サバ1で終了。
H氏はアジ69、サバ1で2隻出しの午前船で竿頭をゲット。
アジのサイズが小さいので、50匹もの魚を入れてもスカスカ。
H氏から35匹貰ったけど、それでもスカスカだった。

出船前に特大アナゴが100g150円でだいたい1匹700円との事だったので注文して帰港後に受け取り、帰宅後に煮穴子にして食べたが骨ばかりで食べにくい。
きっとクロアナゴだったんだろうなぁ。。。
同じくらいのサイズのマアナゴを釣って食べた事があるけど、骨なんか全く気にならなかったし。(^_^;)
そう言えば、昔、忠彦丸でアナゴ買った時は黄金アナゴって銘打って売ってたなーとか思い出した。

で、釣った魚は今まで嫁さん任せだったが、これからはなるべく自分で捌こうと左利き用の出刃包丁を注文していたのが帰宅する途中に最寄りの郵便局に届いてる事が分かったので電話して直接取りに行ってから帰宅。

右利き用の包丁では苦労していたゼイゴ取りが簡単に出来て目からウロコ。
「右利きってズッチーな!」
と思った。(^_^;)
3枚下ろしも最初は慣れなかったが徐々に出来るようになった。
アジフライ用の開きと、干物用の開き、なども練習しつつ途中から嫁さんの加勢もあって、あっという間に全部の魚を処理完了。

干物は食べる箇所が殆ど無くて失敗だったが、アジフライと南蛮漬けは美味しく頂いた。



2017年3月17日金曜日

2017/3/16 一俊丸 LTアマダイ

船宿:一俊丸(出船7:00沖上がり14:00)
船長:堂満船長(だったような?)
ポイント:茅ヶ崎沖60m前後~辻堂沖60m前後~江ノ島沖85m前後
潮回り:中潮(満潮6:31干潮12:49)
天気: 晴れのち薄曇り
タックル:シマノ ライトゲームCI4 Type73 H200 + 電動丸400C
仕掛け:PE1.5号 錘40号 セイカイコレクションLテンビンスリム アマダイ仕掛け(自作ハリス2.5号2m2本鈎)

ワカサギ船頭さんに誘われて、アマダイ釣りに。
「坂口丸は定休日なので茅ヶ崎の一俊丸で良いですか?」
との事だったので、タイムリー過ぎる話題だなぁと思いながら嫁さんに予定を確認して問題無さそうだったので予約をお願いした。

前回のアマダイ釣りの反省から、今回はロッドをライトゲームCI4 Type73 MH200からH200にする事は既に決めてあったが、一俊丸だったら一つテンヤタックルを使ったウルトラライトアマダイも出来る筈なので、一つテンヤ用のタックルも用意した。
そしてネットで色々と検索していたら和歌山だとかあっちの方では鯛ラバにオキアミを付けてアマダイを釣ってるらしいので、予備タックルとしてType73 MH200も持参。
リールは左右どちらもあったが左巻きを持って行った。

そして市販の仕掛けも簡単な作りだったので、折角だから自分で作ってみた。

船ハリスも2号~8号までは一通り持ってるので、鈎と三叉サルカン、ビーズとフロートを購入。
鈎は3号と4号を購入し、枝の方を3号にしてみた。
市販仕掛けだとハリスの長さがサルカンから1.2mで三叉サルカン、そこから枝を40cm、メインを80cmって感じだったが何となく枝は40cm、あとは1mにしてみた。
三叉サルカンで沈む分、メインの方は浮かせるイメージでフロートを入れてみた。
一つテンヤタックルの方は胴付き仕掛けをハリス70cm、80cm、20cmで枝を35cmくらいで作成、google先生をしてヒットしたサイトを真似したので特に狙いは無い。(^_^;)

いざ仕掛けを作ろうと思ったら3号のハリスが見当たらない。
まぁ、2.5号でも良いかと2.5号で作ったのが、今回の最大のミスだったかも知れない。
ここで4号で作っていれば。。。orz

週明けの月曜日にH氏から
「週の中頃は時化予報なので週末に荒食いもあるかもですね」
とメールがあり、確認すると釣行予定の木曜日は波3mの大時化予想(ウェザーニュース)。
外房なんかは6mくらいの予報になっていて草も生えない。
ワカサギ船頭さんと相談して前日の予報で決めましょう、と言う事になった。
結局、ウェザーニュースは最後まで時化予報だったがその他のサイトは軒並み1m以下の予報に変わってて一安心。(^_^;)
ウネリが無いような相模湾で2mの波なんて嫌過ぎると思ってたのでラッキー。

ワカサギ船頭さんとは船宿で5:30集合という事で、4時起きの4:30出発で途中のすき家で朝食を取ってから約30分で一俊丸に到着。
初めての船宿は勝手が分からないのでアウェー感がハンパ無いのはいつもの事。
ひとまず車を船宿前に停めてクーラーと船バッグを降ろして、釣り物の看板の前に置いてから車を駐車場に入れて、そこで着替えてロッドを持って船宿へ。
本当は5:30の開店と同時にクジを引いて釣座を決めるようだが、この日のアマダイ釣りは我々3人だけだったのでノンビリムードで受付をした。
一応、こんなごった返した中じゃ荷物の紛失もあるかも知れないので、船バッグは降ろす時にリールは車に残しておいた。
鉛のバッテリー入りなので駐車場から船宿までロッドと一緒に担いで歩くのも嫌だったので。(^_^;)

乗船したのは第一一俊丸。
たったの3人なのに大型船で申し訳ない。(汗)



天気の方は例によってここ最近の凪男振りは健在で、昨年11月の大原釣行以来ずっと快晴で微風の波なし。
完全防寒装備だったけど暑くなってフリースの上着、ウルトラダウンジャケット、カッパまで脱いでしまった。
ポイントの移動の時は流石に寒さを感じるのでカッパの上着を羽織る程度で沖あがりの少し前から曇って来て少し寒さを感じたくらいの天気。



ワカサギ船頭さんの釣れのSさんは、ワカサギ船頭さんのススメでシマノのプレミオをアマゾンで購入し、ロッドも新調した入魂式でもあった。
電動リールの使い方を聞かれたので軽くレクチャーして0リセットしてから出船。

最初のポイントは茅ヶ崎沖で10分程度の航程との事だった。
色々と試したい事もあったけど、まずは坊主逃れをしないとなので、ふつうに電動タックルで開始。
1投目で何回か底を取り直して横を見るとSさんが手でラインを出してる。
「え?????」
と思って
「どうしたんですか?大丈夫ですか?」
と声を掛けて自分のロッドをキーパーに掛けて置き竿にしてSさんのところに行くと
「糸が出ないんですよ」
と。
「ええぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」
と思ってクラッチを切っても糸がズルズルとしか出ていかない。
巻き上げはふつうに出来るのに、何でだろう?
と思ってメカニカルブレーキを確認するも一番ゆるくなってる状態で逆に締めるとまったくスプールが動かなくなってしまう、明らかに初期不良なのだが出船してしまったからには、どうにもならない。(^_^;)

一瞬、どうしようかと思ったけど
「重い錘にしてみます」
と言うSさんに
「いや、もうこれは釣りにならないレベルだから下手に使わない方が良いです」
「左巻きで大丈夫なら、手巻きですがこれ使って下さい」
と鯛ラバをセットしていたタックルから鯛ラバを外してSさんのテンビンを取り付けて渡した。

が、その間に置き竿にアタリがあったらしく気が付いた船長が竿を取ろうとしたら魚が外れてしまったそうでガックリその1。(^_^;)
最初の茅ヶ崎沖のポイントでは外道のアタリが全く無かっただけにアマダイだった可能性が大。

が、
「情けは人の為ならず」
と昔の人は良い事を言う訳で、その後すぐさま割りと派手なアタリがあり合せるとアマダイっぽい引きが。(嬉)
出船前の船長の話では
「ココ最近はアタリが小さいので良く穂先を見て、違和感があったら聞きあげてリールを巻いて下さい」
との事だったので期待はしてなかったが、途中で抵抗が無くなってラストの20mくらいでまた抵抗があったのでアマダイを確信。
上がって来たのは30cmくらいのアマダイ。
その後、ワカサギ船頭さんがアマダイを釣り上げた後に手巻きで苦戦しているSさんに
「良かったらボクのを使って下さい」
とタックルチェンジ。

並び順は、右舷の舳から、ワカサギ船頭さん、Sさん、自分の順だったが、2人が釣座を入れ代わって釣り続行。
暫くしてワカサギ船頭さんが話掛けて来たのだけど、エンジンの音で良く聞こえなかったのでロッドを持ったまま近寄ってみたらビビっとアタリが!
穂先は全く見て無くて手感度で感じたアタリに
「アタってる、余所見してる場合じゃ無いしwww」
と巻き上げを開始すると、これまで25cmくらいのアマダイ。

そして、この絶好調具合の原因は何だろうか分からぬまま運命の一瞬を迎えた。(^_^;)
一瞬、穂先が押え込まれたように見えたので聞き上げたら、ズッシリとした重みと共にロッドが満月に。
「あ、根がかったかな?」
と一瞬思ったが巻き合わせもしてたのでふつうに巻ける事に気がつく。
すると、次の瞬間に穂先がゴンゴンと数回叩かれたと思った瞬間にフっと生命感ゼロ。
操舵室から船長が
「今のは根掛かりじゃ無いよ」
と見ていてくれた。
仕掛けを回収してみたらハリス切れ。
これが2.5号じゃなくて3号とか4号だったら切れなかったのだろうか?
電動の楽々モードを使うからと、ドラグ調整してなかったせいなのか、一先ずの救いは鈎の結び目が解けたとか、そういうのでは無く恐らく魚の歯に当って切れたのだと思われる。
下船時に船長に
「あれは取れてたら50cmオーバーだったよ」
と言われ釣果ブログには
「水深的にはシロアマダイを疑った」
と書かれてしまった。。。orz

ちょっと自作の仕掛けに自信が無くなったので予備で買っておいた前回良かった仕掛けにチェンジ。
この時点でアマダイ2、カレイ1の釣果。
時間は8:00頃で、H氏のメールに写メ付きで返信していたw



すると
「大物バラすのはいつもの事ですねw」
と返信がwwww

ポイント移動後も好調で、立て続けにアタリがあり、アマダイ2、カナガシラ2、ガンゾウ1、そしてまたもや大きめのスッポ抜け1。
と10:00までに前回の釣果を上回って余裕が出てきたので、色々とやりだしたのが駄目だったのか。。。
電動は置き竿にして、ひとつテンヤタックルに胴付き仕掛けをセットして錘は25号で投入。
が、これが全く当たらない。
仕掛けを回収してみたら糸絡みが酷くて、
「これじゃ釣れないわ」
と次は鯛ラバにオキアミを付けてみたけど全くアタらない。
最後にビンビンテンヤの13号に得餌として持ってきてた、ケイムラ加工された大きめのオキアミを刺してみたりしたけどノーバイト。(^_^;)
やっぱりテンビン仕掛けが万能なのだろうか。

そうこうしているうちに
「錘の色が気に入らない」
とSさんに貸した30号の夜光錘からふつうの錘に変更したワカサギ船頭さんが猛スパートで釣りだした。
立て続けにアマダイを釣り45cmの大物を含めて4匹。
Sさんも何とか1匹アマダイを釣ることが出来て一安心。

ポイントが江ノ島沖の80mラインになってからは、外道のアタリも活発となり、自分の方はアカボラハンターと化していた。(^_^;)
兎に角、良くアタリが出るのだけど派手なアタリは全部アカボラかキダイ。
キダイが連発したところで船長から
「タナが20cmくらい高いから下げてみて」
と言われ下げてみても、やっぱりキダイにアカボラ。(^_^;)

そんな自分を尻目にSさんが確変する。
上げ潮が効き出した13時過ぎに船長から
「お父さん、本命の大物っぽいよ」
と声が掛かり、慎重に上げてきたのは大物アマダイ。
しかもやたらとデップリしてるので船長が目測を誤るくらいで
「太いけど40cmチョイかなぁ」
とメジャーを当てると46cm。

その後、自分の方もコツンとしたアタリに聞き合わせをしたら少し重めの手応えとゴンゴンと叩く引きに
「どうせ、またキダイかアカボラでしょ」
なんて思ってたら35cmクラスのアマダイをゲット。

船長から
「あと5分流して片付けていきましょう」
アナウンスが入ったところで、Sさんがまたもや大物をヒット。
すると自分の方もヒット。
アマダイを期待したが最後までアカボラ。
一方のSさんは、さっきより細いけどサイズアップの47cmのアマダイを釣ったところでタイムアップ。

数だけはやたらと釣ったけど、総重量ではSさんの一人勝ち。
まぁ、買ったばかりのリールがあんな事になってたんだから、これで帳尻が合ったというか。
お疲れさんなのはワカサギ船頭さん。
「自分がアマゾンで発注したから」
と、だいぶ責任を感じてたが、船長が言うには
「うちのレンタルもプレミオ使ってるけど、当たりハズレが多いリール」
との事だった。(^_^;)
慣れない左巻きをひたすら練習するデーで45cmを釣った後は腕がパンパンで笑ってる状態だった。(^_^;)

最終的に、アマダイ5、アカボラ13、レンコダイ4、カレイ2、ガンゾウ1、カナガシラ3と、ノンビリまったりとしたベタ凪快晴の中で楽しめた1日となった。
大物をゲット出来無かった事だけが心残り。



エボシ岩って近くで初めて見た。。。




2017年2月28日火曜日

2017/2/26 新幸丸 マダイ

船宿:新幸丸(出船11:50沖上がり18:00)
船長:大地船長
ポイント:御宿沖50~60m
潮回り:大潮(干潮10:40満潮16:23)
天気: 晴れのち薄曇り
タックル:
(一つテンヤ)
ダイワ 紅牙テンヤゲーム MX ML-235MT + シマノ 16 ヴァンキッシュC3000
ダイワ 紅牙テンヤゲーム AGS SMT + シマノ 14 ステラ3000HGM
(鯛ラバ)
シマノ 炎月BB  B69L-S + 炎月100PG
仕掛け:
(一つテンヤ)
ラインPE0.8号 リーダー2.5号 5m ビンビンテンヤ鯛夢 10号、紅牙 オレ金8号、ピンク金 8号、自作天草テンヤ12号(メタリックレッド、ゴールド)、自作天草テンヤ15号(メリックグリーン)
(鯛ラバ)
ラインPE0.8号 リーダー2.5号 5m 炎月 神楽(75g オレ金)、BinBin玉スライド(80g グリーン)

H氏が持っている大原の朝市で使える商品券を消費するための午後釣行。
自分も午前船だと色々とキツイので午後船の方が楽で好きなので助かる。(^_^;)
2/26は東京マラソンで交通規制が入るため、首都高の渋滞具合が全く読めなかったので、
「7時に来て下さい」
と言うH氏の意向をガン無視して6時着。(^_^;)
近くのセブンイレブンで時間を潰してからH氏宅へ。

数日前からH氏がNewアイテムを購入したのは知っていたが、自分自身への誕生日プレゼントとして、ダイワの船バッグ(40)と、シマノの炎月100PGを購入したは良いものの宅配ボックスに入るサイズじゃ無かったので受け取りに失敗して先週の誕生日釣行で使えなかったという有りがちな落ちが付く。(^_^;)
H氏の運転で9時過ぎに大原到着。
途中の会話で午後は上げ潮で北風だから左舷側が払い出しになるはず、と言う会話になったので払い出しの方が好きなため
「じゃぁ、今日は左舷側にしましょうか」
と釣座を仮決め。

朝市ではタコ飯とタコ唐、アジフライなどを食べてお土産用に1枚200円だったカマスの干物を購入してから新幸丸へ。

新幸丸は午前船のお客さんの車で一杯で駐車するところが見当たらないので、船宿前に横付けにして時間を潰し、他のお客さんが来たあたりから準備をして荷物を降ろした。
車も目の前の車列に自分の歩測で8歩のスペースがあり、自分の車は同じく6歩くらいだったので入れられると判断してH氏に後ろを見て貰いながら3回ほどの切り返しで無事に収まった。

港に行くと、風が吹くと若干寒さを感じるが真冬仕様の防寒装備では暑いのでダウンジャケット、ニット帽、ネックウォーマーは脱いでしまった。
あまりにも暖かくて喉が乾いたのでクーラーの中の飲み物を取り出そうとしたが、あいにくクーラーの上に船バッグを載せており、船バッグに取り付けたロッドホルダーに3本のタックルを挿してたのでH氏に
「船バッグ持ち上げてるんでクーラーから飲みかけのペットボトル取って貰って良いですか?」
とお願いしたところ、4本あるペットボトルのうちの1本を取るのに3連続で外すという持って無さぶりが、この日の全てだったかも知れない。(^_^;)
あるいは事前にお土産を買ってしまったのも駄目だったのかも知れない。(^_^;)
ひとまず抽選は自分が引いて1番クジだったので予定通り左舷の艫に入った。
もっとも左舷側で良かった想い出は全く無いのだが。。。

そんなこんなで入れ替えが終わると即出船。
午前船は沖あがり直前に中鯛、大鯛が入れ掛かりになったようで、狙う水深は60m前後、鯛ラバは80g、テンヤは10号を指示された。(^_^;)
自分の予定では浅場での釣りをするつもりで来てたので、この水深は想定外。
持ってきた鯛ラバロッドもわざわざ浅場を想定したロッドを新調してきたくらいなので、重めのヘッドやカブラは持って来て無かった。

まず最初は天草テンヤ15号のメタリックグリーンを投入。
1回底を取ってから20mほど巻き上げて、もう1回底取りをして糸ふけを取った瞬間に竿先がグイっと入ったので、そのまま巻き合わせ。
なんか釣った感じは全く無かったが幸先よくファーストフィッシュ。
の筈がなんだか様子がおかしい。
ひたすら重いだけで突っ込みとかまるでなし。
上がって来たのは40cm級の巨大なウマヅラ。(^_^;)
嫁さんからは
「持って帰って来る魚は3匹まで」
と制限されていたので、そのままリリース。

その後は何度も入れ替えて巻いてもアタリが全く無い。
鯛ラバをやってるH氏もノーヒット。
自分も鯛ラバに変えてみたものの、そもそも巻テンヤで食って来ないのだから鯛ラバも同じで全く駄目だった。
一つテンヤの方も鯛夢10号のゴールドから始めて、紅牙8号のオレ金に変更するも鯛とは全く無縁で釣れるのは巨大なウマヅラばかり。
そして回収している最中に30mほど巻いたあたりで竿が曲がった。
これは流石に青物でしょう!
と思ったのだけど、何か様子がおかしい。
全然、ドラグも出ないし走らない。
そして上がって来たのは巨大なウマヅラ。。。orz
ウマヅラってフワフワ浮いて餌を喋んでるイメージなんだけど、回収するスピードに合わせてチェイスして食いついて来るんだ。。。(^_^;)
ちゃんと鈎が口に刺さってたのでスレでは無いのは確かだと思うんだけど。。。
兎に角、この日を象徴しているような出来事だったと思う。

上げ潮から下げ潮に変わったあたりで底付近でコツンとアタリがあったので合せると、やっぱり重いだけでウマヅラだなぁ、と思っていたらマハタだった。
結局、この魚が唯一のお持ち帰りにとなった。
1匹だけ持って帰るのもクーラー洗うのが面倒だからH氏に進呈しようかと思ったけどH氏もウマヅラばかりで唯一釣ったマダイは小さいのでリリースしてしまい、同じく1匹だけ持って帰っても面倒だと言う事で断られた。(^_^;)

帰りは岬ラーメンでいつもの通り反省会をしたが、何が駄目だったのかサッパリ分からない。



翌日、昔録画した釣り百景で田辺哲男プロが出演している一つテンヤの回を見ていたら、
「エサ取りが多い時はボクはテンヤを軽くして底まで落とさないで中層で釣る」
とか言ってたような?(汗)
だけど自分の中では
「そうだよね、巻きで食わないんだからテンヤを軽くしてフォールで食わせるしか手が無いんですよね」
と妙に独り言ちて次回から実践してみたいと心に誓ったのであった。(^_^;)

でもH氏は3週連続釣行で撃沈しているので
「次回はクーラーが満タンになる釣りに行きましょうよ」
と3月の釣行は久里浜の鈴福丸からビシアジに仮決めした。
もっとも直前の釣果次第だとは思うが。

と言うか、H氏は去年に釣り運を使いすぎたんじゃね?φ(^_^;)
そして自分もここ最近、掛かった瞬間にドラグが出されるような魚を掛けた記憶が無いので昔の釣行メモを読み直してみよう。

マハタ1、ウマヅラ5~


2017年2月24日金曜日

炎月BB B69L-S

買ってしまった。。。
近所の釣具屋で、税込みで\11,325-なり。(^_^;)



大原だと45gとか60gくらいを使うので柔らか目のが欲しかったので、前々から気になっていたのだけど月末を前に小遣いが残ったので思い切って購入。
2月じゃ無ければ出来ない冒険だ。(^_^;)

26日の大原釣行で早速使ってみよう。



2017年2月23日木曜日

JASPO規格

先日、釣具屋に行った時に防寒具がセールで打ってたのだけど、ダイワのウェアで4XLがあったので試着してみたら小さい。。。orz

で、ダイワやシマノのウェアのサイズを見ると、JASPO規格に基いて作られていた。
「JASPO規格って何ぞ?」
と思って調べてみたら、社団法人日本スポーツ用品工業協会という協会で作成している規格で、JIS規格に比べるとサイズ設定が細かく出来てるらしい。

だがしかし、待って欲しい。
このサイズ表に従ってウェアを作るのはおかしく無いか?φ(^_^;)

ダイワのサイズ表から引用
サイズWM JASPOWL JASPOS JASPOM JASPOL JASPOXL(LL) JASPO2XL(3L) JASPO3XL(4L) JASPO4XL(5L) JASPO
身長157~163162~168162~168167~173172~178177~183182~188187~193192~198
チェスト(※1)81~8584~8885~9189~9593~9997~103101~107105~111109~115
ウエスト62~6665~6971~7775~8179~8583~8987~9391~9795~101

自分の身長は181cm(今はもっと縮んでると思うけど)だけど、自分より背の高い人って居ても185cmくらいで、それより背が高い人なんて滅多に見掛けないし、釣行しても見たことは無い。
バスケットやバレーボールの選手向けなら分かるけど、3XL以上の身長設定は明らかにおかしい。
それに、この規格はアスリート向けで標準体型しかターゲットになっていないと思われる。

週刊文春で話題だったユニクロのサイズ表を見るとサイズは全部でXS/S/M/L/XL/XXL/3XL/4Xの8段階。
しかし身長の設定は、XS/S (155〜165) M(165〜175) L/XL/XXL/3XL/4XL(175〜185)の3段階となっていて、同一身長設定でのサイズ違いは横幅の違いとなっている。

業態はブラックかも知れないが万人向けのサイズ展開にカラー展開で、この点に関しては素晴らしいと思う。(^_^;)

釣り人口なんて高が知れている訳で、その中で一般的ではない身長をターゲットにするくらいなら、ユニクロのように万人向けの設定で作って貰いたい、と思った。(^_^;)
まぁ、オサレなウェアを作ってるんだからデブには着て欲しく無い、って無言のメッセージなのなら仕方が無いが。
それとウェアは上下セットでは無く上下別売りにして欲しい。(^_^;)
もっとも、これもサイズ設定を見直さないと、意味がないと思うけど。


2017年2月21日火曜日

釣り船の分煙化

LTアマダイの釣行前に釣り方を検索していたら、たまたま湘南の一俊丸の記事を見つけた。


この取り組みは素晴らしい。

自分も昔はチェーンスモーカーでセブンスターを1日4〜5箱は吸って居た時期がある。
パチンコ屋に入り浸りで右手でハンドル握って左手は常にタバコ。
パチンコ屋の後に雀荘行っても同じ。
吸っても吸わなくても常に持ってるからウッカリ置きタバコしてるのを忘れて新しいのに火を付けるなんて事もしょっちゅうあった。
そんな感じで20年近くの喫煙歴があったが、辞めてから既に10年は経過している。
タバコを吸ってる時は気に成らなかったが、とにかくタバコは臭い。(^_^;)
パチンコ屋や雀荘なんかに行けば全身タバコ臭くなってとにかく不快。
まれに満員の通勤電車で全身タバコ臭い人が乗って来るだけで
「何の嫌がらせ?」
と思うほど。

そんな状態なのに船に乗って舳よりの人がタバコを吸うと煙が全部後ろに来る。
ただでさえ船酔いし易いのに、タバコの臭いで気持ち悪くなってゲロった事も何度かある。
元々、喫煙時代も吸ってない銘柄の臭いで気持ち悪くなることもあったから然もありなん。(^_^;)

自分も吸ってた時は分からなかったから、この気持ちを吸ってる人に言っても全く理解されないのだと思うが、山だったり海だったり空気がキレイで気持ち良い場所に居る時くらいはタバコは吸わないで貰いたい。
もっとも吸ってる側の言い分は、そんな開放感が溢れる場所だからこそ吸いたい、と言う事もあると思う。(^_^;)

個人的な意見を言えば日本人の喫煙率は男性で30%、女性で10%未満とごく少数なので完全禁煙で何の問題も無いと思うが、先ずはこの分煙化の取り組みが拡がる事を願う。

それと、一俊丸ってなんか意識高い系なイメージで、女将さんの書く自己陶酔っぽい記事とか、業界人でーすみたいな雰囲気が苦手だったけど、分煙化されたのなら乗ってみたいと思うようになった。(^_^;) < オマエは何様だw


2017年2月15日水曜日

2017/2/13 坂口丸 アマダイ

船宿:坂口丸(出船6:30沖上がり14:00)
船長:久保田船長
ポイント:小田原沖75~105m
潮回り:大潮(満潮06:24干潮12:04満潮17:54)
天気: 晴れ
タックル:シマノ ライトゲームCI4 Type 73 MH200 + シマノ 09 電動丸400C
仕掛け: ライン PE1.5号、錘50号、40cm天秤、アマダイ仕掛け2m2本鈎(市販品)

ワカサギ船頭さんに誘われての平日釣行。
初めての漁港だと勝手も分からず、現地集合時間が5:45との事だったので、5:15着を目指して家を出た。
我が家からだと圏央道〜東名厚木〜小田原厚木道路と言うルートで、ナビでは1時間弱での到着となっていた。
5:08くらいに早川港の近くのコンビニに到着。
トイレを拝借しつつ買い物をして時間を潰して5:30に坂口丸へ。
事前にストリートビューで調べておいたので違和感無く到着して受付を済ませた。

5:45過ぎにワカサギ船頭さんが到着したので2台で揃って港へ。

そそくさと準備をして乗船したのは第5坂口丸。
キャビンすら無い男前の船だった。(^_^;)
舳先から乗り降りするのも初めてで斬新だったが、艫の部分と舳の部分の座席が後付の板を渡してるだけで、船べりのところには物を置く棚も無い。
タナ取りが大事な釣りだと思ったので探見丸を持参したが、他の船には付いてるみたいだけど、この船には付いて無かった。(むしろ付いてたらビックリするレベル)
船べりも膝上くらいの位置だったので、波っけがあったら自分の場合は落水する可能性が大。(^_^;)
坂口丸のWebサイトで「ジャンボ船」とか書いてある理由が良く分かった。
恐らくジャンボ船は、いつも乗ってる船くらいのサイズなんだろうな、と。
実際、ワカサギ船頭さんが前回乗った時は、もっと大きな船だったと言ってたし。(^_^;)

初めてのアマダイ釣りと言う事で、手持ちの道具で行けるかどうか前日に、昔なじみの釣具屋に行って相談した際に、ディギングの仕掛けが置いてあったので
「あー、これ最近、TVで見て興味あったんですよねー」
なんて話したら
「船長によってはNGな所もありますよ、何だかんだでお祭りが多いので」
「あと潮が速いと吹け上がってしまって釣りにならなくなる」
と教えて貰った。(^_^;)
それと
「小田原は割りと保守的だから新しい事はやりたがらない」
とも。

実際、事前学習で「LTアマダイ 釣り方」で見つけた動画では
「錘で底を小突いてからタナを取って…」
と有ったので、錘で底を小突いてたら船長から
「錘で小突くのは辞めた方が良い」
と言われた。(^_^;)

実際の釣りの方だけど、当日は快晴でほぼ無風、波無しで、山中湖に浮いてるのと大差無い感じで、むしろ遊覧船の曳き波で揺れる山中湖の方が波っけがあるレベル。
陽の当たる右舷側に居たせいで、途中から暑くなってレインウェアを脱いで防寒で着込んでたユニクロのウルトラライトダウンを抜いて、フリースネックも取って、フリースの内張りのニット帽からふつうのベースボールキャップに替えるくらいのポカポカ陽気。
真冬の釣りだと言うのに昨年の11月以降、毎回、天候に恵まれて寒い思いをしていないというラッキーぶり。
昨年の10月の大原釣行が、ここ直近では一番寒かった。(^_^;)

小田原あたりは岸を離れると急に深くなり港から5分くらいで水深100mになるとの事で、釣り始めは港の目の前の70mくらいのポイントからだった。
ワカサギ船頭さんは自前のプレイズ3000にPE5号なので錘は80号、ワカサギ船頭さんの連れのS氏はレンタルタックル。
自分は、PE1.5号を巻いた電動丸400Cをメイン、PE4号を巻いたフォースマスター1000をサブに持ち込んだが、ライトタックルでもノーマルタックルのワカサギ船頭さんたちと並んでOKとの事だったのでライトタックルを選択。
錘は船長の指示で50号。
流れが速い場合は60号での事だった。
ロッドはライトゲームCI4のType73 MH200とH200を持参。
どちらも一時期熱中したLTタチウオ用のタックルの転用で、天秤も錘もLTタチウオがそのまま使えた。

釣り開始直後は久しぶりに使うリールなので糸噛みが酷くスムースに仕掛けが落ちなかったが2回目からは問題無かった。
釣り方は事前にネットで調べておいた。

1.着底後、糸フケを取って底を1m切る。
2.暫く待ってアタリが無ければ、1mほどゆっくり誘い上げる。
3.誘い上げてアタリが無ければ、1mほどユックリ下げる。
4.これを数回繰り返して底を取り直す。
5.アタリがあったらユックリと合せる。

なんだ、合わせ以外は、いつもの一つテンヤとあまり変わらないじゃないか。(^_^;)
関西流らしいのだけど、錘で数回底を小突いて砂埃を起こしてやるのも有効との事だったので、それをやっていたら船長から止めた方が良いと言われた。

で、開始そうそうにブルブルとアタリがあったのでビックリ合わせをしてしまいフッキング成らず。(^_^;)
餌は配られたオキアミに、デッドストックになっていたエビシャキで締めてからアミノ酸αを振り掛けてみたが特に効果があったとは思えない。
何もしていないワカサギ船頭さんの方がアタリが多く、かつ多彩なゲストを次々とつり上げ本命のアマダイも8匹で竿頭に。
その他にも鬼カサゴやムシガレイ、アカボラやトラギスなど釣った魚の数の合計も一番だったと思われる。

船中5名中、最後まで本命のアマダイが釣れなかったが、何とか1匹目をゲット。
底を切ってモゾっと穂先が動いたので聞き上げたらグイっと穂先が入ったので、そのままユックリと竿を上げて巻き合わせ。
何となく、その前に釣ったムシガレイっぽい感じもしたのだけど、上がってきたは30cm弱のアマダイ。(嬉)

その後、同じように聞き上げた時にグイッと穂先が入ったが、これは根掛かりだった。
ワカサギ船頭さんが
「根掛かりっぽいのは大物の可能性もありますよ」
と教えてくれたけど、これは間違いなく根掛かり。(^_^;)
なかなか仕掛けが切れずに悪戦苦闘していたらワカサギ船頭さんが手伝ってくれて何とか仕掛けの方が切れてくれた。(汗)

船の方は小まめ目にポイント移動を繰り返すので、微妙に落ち着かない感じではあるが、巣穴を作って生息しているらしい魚なので、そんな感じの釣り方になるのだろうと思った。

そして午後になり上げ潮が効き出したあたりの時間だったと思うが、聞き上げた時にまたもや穂先がグイっと入る感じで重みを感じたのでユックリと合わせたら何か根掛かりっぽい。(汗)
「また根掛かりしたかな?」
なんて言いながらリールを巻いたら巻けるじゃないですか。(嬉)
「あ、巻けるから違うかー」
なんて言ってるとワカサギ船頭さんが
「おめでとうございます、それは大物の証です」
と教えてくれた。
暫く手巻きで巻いてから電動のスイッチをオンにして速度は16でゆっくり目に巻き上げ。
50mくらいまで上がって来たところで魚が暴れだし、楽楽モードの巻き上げが止まりそうになる。
そして最後の20mくらいでも同じ感じで魚が暴れて巻き上げが止まりそうになった。
ワカサギ船頭さんが
「もう、それは絶対にアマダイの大物です」
と言ってくれてタモを用意してくれた。
上がって来たのは45cmのアマダイ。
兎に角、デカく見えた。
その直後に左舷側の舳の人も同じくらいの大物を釣り上げた。
きっとペアだったんだろう。(^_^;)

しかし面白い事に、タモ入れとかは船長がやってくれず、釣り上げた後のサイズ測定と写真撮影だけと言う船だけで無く船長も男前だった。
と言うか、新幸丸が親切過ぎるので、それに慣れてしまったんだと思う。

そんなこんなで、同じような感じで25cmくらいのアマダイをもう1匹追加。
ラストまで頑張ったけど外道も多い釣りなので中々本命が釣れなかった印象。
もっともワカサギ船頭さんは外道もアマダイを沢山釣ってたので腕の差と手返しの差のような気がした。
ワカサギ船頭さんはノーマルタックルの80号なので、同時に投入してもかなり速く着底する。
実際、着底後の最初のタナ取りでいきなりアマダイを掛けた事もあった。
こっちは、まだまだ着底していないのに、と言う状況。
それとプレイズと侮ってたが3000番ともなると電動丸400Cに比べて巻き上げ速度が速く同時に全速で巻き上げても、あちらが回収終わった段階で、こっちはまだ40mくらい残ってると言う状況だった。
で、今調べてみたら08プレイズ3000は200m/分、09電動丸400Cは155m/分なので体感通りの性能差だったので納得。(^_^;)

ロッドだが、穂先にビビっと明確なアタリが出たのは最初にビックリ合わせした時だけで、あとは穂先に出るアタリはモソとかスッと言った微妙なアタリの出方で、殆どが聞き上げた時に重くなるような感じだったので、もしかするとライトゲームCI4 Type73 MH200だと柔らか過ぎてアタリを消しちゃってたのかも知れない。
次回行く時は、H200の方を試してみようかと思う。
それとノーマルタックルと混在の場合、投入後の着底までの不利があるので、高くてもタングステンの錘にした方が良いかも。(^_^;)

いつもの釣りが一つテンヤなので、それに比べるとLTとはいえ50号の錘を使って1日中、リフト&フォールを繰り返すのはかなり疲れた。
ノーマルでやってたワカサギ船頭さんは平気そうな顔をしてたら、自分の体力の無さ加減がよく分かった。(汗)

釣り方は一つテンヤに似てるから、何年か前に宮本プロが紹介していた、一つテンヤタックルを使ったウルトラライトの方が疲れないと思うけど、お祭りを考えると高切れの可能性が大だし、根掛かりした時に天秤ごとロストしそうだから、市販仕掛けのハリス3号ではなく自作で2号が2.5号の仕掛けを作った方が無難かも知れない。
まぁ、もしまた平日に行く機会があって、人が少なかったら船長に確認して試してはみたいとは思う。

アマダイ3、ムシガレイ1、その他(カサゴ、トラギス、アカボラ、他)多数

フィクセルプレミアム300の内寸が、幅259mm×長さ449mmなので45cmチョイといったところ。
なんで正確にメジャーをアテた写真を撮らなかったのか。(汗)
そして何で重さも測らなかったのか今となっては謎。(^_^;)



45cmのアマダイは半身を昆布締めにして松皮造りで刺し身に。
もう半身は塩を振ってピチッとシートで一夜干しにして焼き物に。
あまりの旨さにあっという間に全部完食。


LinkWithin

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...